産休と育休を理解して女性社員が働きやすい社内環境へ

産休や育休を取得できる環境は女性へ大きな安心感を与えます。昨今では会社全体で産休や育休について理解を深め、女性社員が働きやすい環境へ整備していくことが求められます。

育休や産休はまだ完全に浸透しているとは言えません。昨今では国の推進により女性のみならず男性も育休を取得しやすくなりました。男女問わず育児に参加しやすい環境作りは今後企業に強く求められる傾向にあります。

産休や育休が取得できる期間を把握すれば、事前に子育てを行う計画を立てられますので、取得条件も含めて総合的に把握しておくのが重要と言えます。

条件付きですが給付金を受け取れるケースもありますので、条件に該当している場合には自主的に申請を行い、損をしないようにしていく必要があるのです。

今回は、産休・育休を理解して女性社員が働きやすい社内環境へしていくにはどのようにすべきなのか解説していきます。

産休・育休について

<h2 class="styled_h2">産休・育休について</h2><figure class=産休と育休を合わせた最大休暇日数は

産休と育休を合わせて取得した場合の最大休暇日数は約2年3カ月です。

産休と育休を組み合わせた最大休暇日数から具体的な子育ての計画を立てていくことが出来ます。

育休を延長することは可能なのか

育休は通常子どもが1歳の誕生日を迎えるまでを限度とした制度です。保育園の空きが無く入園できない場合や、配偶者の病気やケガの際には、1歳の誕生日を迎える前に申請を行えば子どもが1歳6カ月になるまで取得出来ます。子どもが1歳6か月でも保育園の入園が出来ない場合等には最長で2年間まで延長可能です。

「パパ・ママ育休プラス」制度により、夫婦両方で育休を取得する等一定の要件を満たしている場合には、通常の育休制度により保育園に入園できない場合や、配偶者が怪我の場合等の要件を満たしている必要はなく、1年2カ月まで育休を延長出来ます。

給付金が条件付きで支給される

出産・育児をしていくにあたり、条件を満たせば様々な給付金の支給を受けることが出来ますので、経済的にも安心して育児を行っていく事が可能です。

産休と育休の際に受け取れる可能性のある給付金には以下の種類があります。

  • 出産手当
  • 出産育児一時金
  • 育児休業給付金

他にも高額医療費の請求や所得税における医療費控除の利用等、状況に応じて自主的に申請を行う必要がありますので、忘れないように注意が必要です。

男性も育休を取得することが可能

男性は原則として出産予定日以降でしたら育休を取得可能ですが、事前申請をしなければなりません。

男性の育休は直接的な育児の為だけではなく出産を終えた女性のサポートの意味もありますので、女性が産後うつにならないように配慮が大切です。

会社側からしても男性の育休取得により、長期的に会社に勤めて貰える可能性も増えますので、積極的に社員の育成に努めていけます。

まだまだ男性の育休は浸透していない

厚生労働省によると令和元年度の育児休業取得率は、女性の8割と比較して上昇傾向ではありますが、7.48%と低水準です。

育休の取得率から見ても10人に1人以下の人しか育休を取得しておらず、男性の育休が浸透していないのを物語っています。

配偶者の病気やケガ等特別な事情がある場合において、出生後8週間の期間内に育児休暇を取得すれば、2回の育児休暇を取得できる「パパ休暇」制度や「パパ・ママ育休プラス」制度等、男性の育休取得を推進させる様々な努力がなされているのです。

なぜ男性の育休が浸透していないのか

日本においては文化的に男性が育児に参加するイメージが未だに根付いておらず、育休を取得しづらいのも原因の1つと考えられます。

形式的に育休を取得出来るようにしても、職場の空気感として男性が育休を言い出せないケースも多いです。

女性も仕事を行っている現代においては男性も育児に参加する必要があり、出産をする女性のサポートを行うのが大切ですので、男性の育休は重要と言えます。

まとめ

今回は、産休・育休を理解して女性社員が働きやすい社内環境へしていくにはどのようにすべきなのか解説してきましたがいかがだったでしょうか。

産休は出産予定日から起算して6週間前から取得可能な「産前休業」と、産後8週間取得可能な「産後休業」があり、業務に影響を及ぼさないように計画的に行っていくのが大切です。

育児を行うにあたり子どもの1歳の誕生日の前日まで、同じ勤務先に1年以上継続的に雇用されており、週3日以上働いている等の要件を満たしていれば育休が取得出来ます。

育休は保育園に空きが無い場合や配偶者の怪我の場合等、申請を行えば1年6カ月まで延長可能であり、1年6カ月の期間でも入園出来ない理由があれば、取得出来る育休期間は最大で2年間です。産休と育休の最大休暇日数は約2年3カ月ですので、育児を計画的に行っていく必要があります。

出産・育児を行うにあたり、出産手当・出産育児一時金・育児休業給付金等、要件を満たせば様々な給付金を受け取れる可能性もありますので、事前に要件をチェックしておくのが重要です。

男性の育休取得率は低く、文化的に男性が育児に参加するイメージが未だに根付いていないので、育休を取得しづらい空気感があるのが現状で、女性も働く社会になってきている現代社会において、出産後女性が産後うつにならないように、育児をサポートしていく必要があります。

「パパ・ママ育休プラス」制度や「パパ休暇」制度等、男性の育児を手助けしてくれる制度もありますので、女性のみならず男性も適時適切に制度を利用して育児を行うのが大切であり、会社全体としては産休や育休を取得出来るように男女問わず働きやすい環境を整備していけば社会的評価も上がり、持続的な会社の発展が望めるのです。

今回ご紹介した内容が、産休・育休を理解して女性社員が働きやすい社内環境へしていくにはどのようにすべきなのかに関する理解の一助となれば幸いです。

関連記事

TOP
TOP