採用ミスを防ぎながら望む人材を獲得しやすくする方法

企業を成長させていくためには、企業の業績向上が欠かせませんが、企業の業績を向上させるためには優秀な人材やサービスが必要不可欠です。

昨今では少子高齢化や団塊世代の定年退職により、働き手の数は如実に減少しています。

そのため企業の求職者に対する見方が大きく変わり、優秀な人材を求める企業が多く今や求職者が売り手市場に変わってきました。

そのため企業の採用活動をはじめ、求職者を取り巻く環境にも大きな変化が起こっています。

とりわけ「終身雇用制度の崩壊」「働き方改革」、「ニューノーマルな働き方の浸透」により、求職者も柔軟な働き方を希望する動きが目立つようになってきました。

求職者からのニーズに応えるべく、企業としても変化が求められていますが、実際問題まだまだ抜本的な解決に至っていません。

このような状況では、欲しい人材を獲得することが難しく、現在のように求職者のニーズの変化に対応できている企業に優秀な人材が流れている状態です。

優秀な人材の獲得は企業の成長に大きな影響を及ぼすため、各企業で様々な趣向を凝らしています。

今回は、採用の失敗を防ぎ、欲しい人材を獲得しやすくする方法について紹介していきます。

会社が望む人材を採用するには

会社が望む人材を採用するには

いくら人材が必要といえども、「誰でもいいから採用したい」という企業ばかりではありません。そのため、考えるべきは欲しい人材の確保についてということになります。

しかし、自社が欲しいと考える人材は、他社も欲しいと考える人材であるということを忘れてはいけません。

そのため、いかに欲しい人材に対して効果的なアプローチをするのかによって、結果は大きく変わります。つまり、求職者に対し、「この会社で働きたい」と思ってもらうための採用戦略が必要になるということです。

”採用戦略”とブランディング

採用戦略にはさまざまなものがありますが、中でもブランディングは必須になります。「どのような会社なのか」「どのような仕事をするのか」「働く意義はなにか」等について発信し、会社の魅力を求職者に伝えることが大切です。

特に「会社の価値観は何なのか」といった点について発信することで、他社との差別化にもつながり、求職者にも会社の価値観を共有する事で認識の齟齬を防ぎやすくなります。

また価値観に共感する求職者から候補として選ばれやすくなる可能性があります。

発信する情報は「一貫性」と「求職者のニーズ」を考慮する

ただし忘れていけないのは、「一貫性を持った発信をする」「求職者が知りたい情報を伝える」ということです。

自社の魅力を伝えることに必死になり、あれもこれもと発信をしていると、いつのまにか一貫性のない発信をしていたということにもなりかねません。

最近では採用オウンドメディアをはじめ、TwitterやInstagramなどのSNS、そしてブログなど発信の場は多くあります。それぞれに思いついた内容を発信していると、何が伝えたいのかよくわからないものになる可能性があります。

それを避けるためにも、事前にしっかりと情報を共有し、伝えるべきことを明確にしておきましょう。

また自社の魅力を伝えることに一生懸命になりすぎると、「会社が伝えたいこと」ばかりを発信してしまい、求職者の知りたい情報とはずれてしまう可能性もあります。そのため求職者目線を忘れずに発信することを心がけることが大切です。

自社の情報や自社の価値を理解させる

欲しい人材の獲得には、自社の情報と自社の価値を理解してもらうことが欠かせません。まずは「何をしている会社なのか」「業界としての立ち位置はどうなのか」「今後の成長は見込めるのか」といった情報を発信することが大切です。

知らない企業に入社するという求職者はまずいないでしょう。そのため適切な情報発信をすることで、獲得したい人材にアピールをおこないます。

そして「自社が存在することで、社会に対しどのような価値を提供しているのか」についての発信も大切です。最近はCSR(企業の社会的責任)も注目されており、企業活動以外にも多くのポイントを見られています。

そのため自社の社会的な価値に注目して発信をおこなうのも求職者にとって、大きな魅力づけになります。

もちろん企業活動自体での価値も忘れてはいけません。企業の価値が高いほど、社会的存在意義は高いと言えるため、求職者からの印象も良くなります。ただし、過剰なアピールは考えものです。

魅力づけのために多少過剰に書いてみるといった考えもしたくなりますが、インターネットで検索すればなんでも分かる時代です。事実と異なる情報の発信は求職者のみならず、社会的な信用も下げてしまいます。

それにより欲しい人材の獲得から遠ざかってしまうことも考えられるため、情報発信は慎重におこないましょう。

なぜ”採用ミス”が起こるのか

なぜ”採用ミス”が起こるのか

採用ブランディングをしっかりおこなっても、いわゆる採用ミスが起こることもあります。採用ミスとは、「母集団形成ができない」「内定辞退が多い」「早期離職の多発」「現場とのミスマッチ」などが挙げられます。

こうしたことが起こる背景には、「会社を理解しきれていない」ということがあります。次にこの点について解説をします。

求職者が会社の情報を理解し切れていない

採用ミスを引き起こす要因のひとつである「会社を理解しきれていない」ですが、2つのパターンがあります。それは「発信する側の理解不足」「求職者側の理解不足」です。

発信する側の理解不足としては、会社の情報や魅力についての理解不足、そして求職者の理解不足があります。発信する側は会社の人間なので、情報をあやまるはずがないと考えがちですが、その考えがミスを引き起こします。

一般的な会社では、様々な部署が集まり事業をおこなっています。そのため発信者が知り得ない情報も発生することがあります。

それらすべてを網羅できていないことがあるため、理解不足の内容を発信してしまう可能性があるのです。

また自社が発信したい情報ばかりを発信してしまい、求職者の知りたい情報を発信できていないケースも考えられます。これは求職者が何を求めているのかということを理解できていないために起こります。採用担当者は常に求職者目線を持っておくことが大切です。

一方で求職者側の理解不足としては、会社の情報を調べきれておらず、理想だけで入社してしまうことが挙げられます。特に採用情報などを閲覧し、自身が関心のある項目だけに目を通している場合に起こりえる現象です。

こうしたことを避けるためにも、情報発信者は求職者目線で発信をおこなうことが大切です。

会社情報を適切に発信する事で採用ミス(ミスマッチ)は防げる

情報を適切に発信する事で採用ミスは防げる

採用ミスはどのような企業でも起こりえますが、それは適切な情報を発信することで防ぐことができます。そのためにも日頃から社内の動向や情報に目を配り、常に最新のデータを持っておくことが大切です。

そして一度発信したら終わりではなく、何度も見返したり、定期的な情報更新をしたりするようにしましょう。

また採用動向をチェックすることや、求職者が何を考え、何を求めているのかを常に考えることも必要です。採用活動を成功させ、欲しい人材を獲得するには、求職者とのマッチングが欠かせません。

つまり相互理解が必要になるため、企業としては適切な情報を発信すること、そして求職者が求めている情報を把握することが大切です。

これらを意識的におこなうことで、採用ミスを防ぐことが可能になります。

コーポレートサイトや採用オウンドメディアを活用する

コーポレートサイトや採用オウンドメディアを活用する

適切な情報を発信するには、コーポレートサイトや採用オウンドメディアの活用がオススメです。コーポレートサイトでは、企業情報や最新情報を発信することができ、しっかりしたものがあれば求職者の信頼感醸成に繋がります。

また採用オウンドメディアでは、コーポレートサイトでは伝えきれない情報も追加で発信することが可能です。コーポレートサイトと採用オウンドメディアを紐付けて、お互いに行き来できる動線を作ることも必要です。

これにより会社情報を閲覧した求職者が採用オウンドメディアを訪問する際の手間を省くことができます。求職者は多くの企業を見ているため、そうした手間を省くことで滞在時間を増やし、応募につながる確率も上がります。

採用オウンドメディアに関しては、無料で制作できるものも多くあるので、まずはそうしたものから導入するのもオススメです。

まとめ

採用の失敗を防ぎ、欲しい人材を獲得するには、適切な情報の発信が欠かせません。そのためにも採用担当者は常に求職者が求める情報に思考を働かせ、社内外の情報に目を配っておきましょう。

採用オウンドメディアも適切に活用することで、採用活動を成功に導くための一助になります。

今回の記事を参考に、適切な情報発信を意識し、欲しい人材の獲得を目指してみてはどうでしょうか。

松尾優希

松尾優希

片田舎に住むマーケティングディレクターであり2児の父。スーパー戦隊シリーズとウルトラマンシリーズ、ウイイレ、無双シリーズが大好き。カフェインとカロリーが好物。

関連記事

TOP
TOP