自社をブランディング化!”ブランディング戦略”が他社との差別化を生み出す

企業経営では、会社をブランド化することが大きな意味を持っています。会社自体をブランド化することで、企業の認知度が高まるばかりではなく、「〇〇といえば、この会社」というイメージを持ってもらうことができます。つまり企業が自ら自社の価値を市場に伝えることができ、企業経営をスムーズにおこなうことが可能になるということです。

最近ではこの考え方を採用活動にも取り入れる企業が増えてきました。採用活動においてもブランド戦略を実施することで、他社との差別化ができるため、採用活動をスムーズにおこなうことができます。

今回は、ブランディング戦略を実施することで得られるメリットについてご紹介します。

ブランディング化は企業の経営に大きく影響を与える

ブランド化は企業の経営に大きく影響を与える

ブランド化をおこなう目的は、「企業の認知度を向上させる」「他社と差別化をさせ、自社の魅力を伝える」ことが挙げられます。

どれだけ優良な企業でも、認知度が低ければ採用活動はうまくいきません。まずは「こういった会社がある」ということを認知してもらい、その後イメージを定着させるための情報を発信することが大切です。それにより企業のブランド化が進みます。

また、多くの求職者は入社する企業を選ぶ際には、家族や友人など、周囲の意見を参考にすると考えられます。そのため採用内定率を高めるには、求職者の周囲の人たちも巻き込む必要があるのです。

そこで重要になるのが、企業の認知度です。企業の認知度が高まれば、安心感を持ってもらうことも可能ですし、「この会社で働きたい」という考えを持ってもらうことも可能になります。それだけ採用活動において、認知度の必要性は高くなっているということです。

特に最近では少子高齢化や団塊世代の引退も重なり、売り手市場が続いています。そのためいかに他社と差別化をはかり、自社の魅力を伝えるのかが重要なポイントです。この企業の認知度を上げたり、他社との差別化をはかったりするためにおこなうのが「会社のブランド化」です。

会社をブランド化することで採用活動がうまくいくことはもちろんですが、認知度が高まれば自社製品が選ばれる可能性も高まるため、企業経営にも大きく影響します。

このように自社をブランド化することは、企業の経営に大きなメリットを与えることになります。

ブランド戦略とは

ブランド戦略とは

企業や店舗、または商品等をブランド化するためには、まず自社に対し、どのようなイメージを持ってもらいたいのかを決める必要があります。また、自社をブランド化するためには「自社の強みはなにか」「どのような価値を提供しているのか」「他社にはないものはなにか」といった点を考えていきます。これが「ブランディング戦略」です。

ブランディング戦略を実施するに当たっては、担当者だけでなく他部署の担当者から意見や見解を聞くことが大切です。ブランディング戦略の担当者だけの場合、偏った意見になってしまう可能性が高く、他部署の担当者との認識のちがいが生まれてしまう可能性があるためです。

会社としてどのようなブランドにしたいのかを明確にし、それに対してどう進めていくのか、どのような価値を提供したいのかなど、可能な限り多くの意見を集めると良いでしょう。

情報収集が完了したら、そのブランドに「どのようなイメージを持ってもらいたいか」を決めていきます。このように社内で共通のブランドイメージを言語化することで、発信する情報にも一貫性が増し、説得力のあるものにしていくことが可能です。

ブランディング化で得られる効果

ブランディングで得られる効果

ブランディングをおこなうことで、多くのメリットが得られます。企業経営においても、採用活動においてもブランディングを進める重要性は日々増しています。

今後より一層市場競争や、採用活動が激化すると考えられるため、ブランディングを進めることはどの企業にも欠かすことのできないものになるでしょう。

次にブランディングで得られる効果を「広告費を下げることができる」「競合と差別化ができる」「長期的な売上の確保ができる」という3つの観点からご紹介します。

ブランディング化の効果①:広告費を下げることができる

採用ブランディングを進めることで、企業の認知度の向上と魅力づけにより自社が選ばれる確率も高くなります。

採用活動においては、求人媒体に求人広告を掲載するのには費用がかかります。また、紹介会社を利用するのにも費用がかかるため、通常採用活動を進めるには多額の費用が避けられません。

採用活動以外でも、製品やサービスを認知させるためのテレビCMも高額になります。

しかし、ブランディングを成功させることで自社の認知度も高く、魅力づけもできているため、それらの広告を使用する必要がありません。

ブランディング戦略は長期的に進める必要があるため、一朝一夕に完成するものではありませんが、取り組むことは非常に大切です。

ブランディング化の効果②:競合他社との差別化ができる

ブランディングを進めることで、競合との差別化ができ、自社の魅力をより明確に伝えることができます。企業経営にも、採用活動にも競合との差別化は欠かせません。

多くの企業が存在する現代では、どのような業種においても競合が存在します。差別化ができていないと自社が選ばれないばかりか、価格競争にも巻き込まれてしまいます。

価格競争に巻き込まれてしまうと利益率の低下だけでなく、コストダウンのために品質が下がってしまうことも考えられます。

そうしたことを避けるためには、ブランディング戦略による他社との差別化が必須です。

また、採用活動においても差別化を進めることで、選ばれる理由が高まります。「どのような会社なのか」「どのような価値を提供しているのか」「なにを目指しているのか」といった情報も発信することで、より強くイメージを持ってもらうことが可能です。

ブランディング戦略により自社のブランド化を進めることができれば、母集団形成も容易になり、内定承諾の確率も高めることができます。

ブランディング化の効果③:長期的な売上の確保ができる

ブランディング戦略を進めると、企業の認知度が高まり、「〇〇といえばこの会社」というイメージを持ってもらうことができます。こうしたイメージを持ってもらうことで、商品やサービスをはじめ、働く会社を選択する際にも選ばれる確率が高まります。

特に企業のブランドイメージを持ってもらうことで、なにかあったらここにしようという心理が働きます。特にサービス内容や環境面が似ている場合には、ブランド力の差が結果の差に直結します。

一度ブランド化が成功すれば、そのブランドイメージは継続してもたれるため、長期的に選ばれる可能性も高まり、売り上げの確保にもつながります。

まとめ

ブランディング戦略を進め、自社をブランド化することで多くのメリットを享受することができます。企業経営においてももちろんですが、採用活動においても多くのメリットがあります。

ただし、ブランディング戦略を進めるには長期的に考えることが大切です。ブランドイメージの定着には時間もかかるため、結果を急いでしまうと成功確率が下がってしまいます。

また、一貫した情報を発信することで、一定のブランドイメージを定着させることも欠かせません。「思ったよりも効果が得られない」という理由で頻繁に発信する情報を変えてしまうとブランド化は成功しません。そのため一貫した情報を発信することを心がけましょう。

今回の記事を参考に、自社のブランディング戦略に役立ててみてはいかがでしょうか。

松尾優希

松尾優希

片田舎に住むマーケティングディレクターであり2児の父。スーパー戦隊シリーズとウルトラマンシリーズ、ウイイレ、無双シリーズが大好き。カフェインとカロリーが好物。

関連記事

TOP
TOP