求職者の心を掴むSNSでの採用広報活動について

昨今の売り手市場においては、多様化している求職者のニーズに会社側から的確にアプローチしていかなければなりません。

メディア戦略による採用広報の活動でメディアを適切に組み合わせていけば、求職者に会社の情報を伝達していくことが出来るのです。

その中でもアーンドメディアであるSNSは、消費者によって拡散されて情報が共有されるので、求職者の心を掴む為の採用広報として注目を集めています。

SNSの特性である画像や動画を駆使して利用ユーザーへ伝達していくと共に、法令順守の為にもSNSの利用による注意点を理解していくことが大切です。

今回は、求職者の心を掴むSNSでの採用広報活動について解説していきます。

SNSはどのような効果が見込めるか

SNSはどのような効果が見込めるか

SNSは拡散力に優れており、日々の発信によりファンを獲得してブランディングを行っていくことが出来ます。

日頃からSNSにより発信をしていけば、会社の情報を認知している求職者に応募して貰えるので、エンゲージメントの高い社員を採用することが可能です。

SNSごとの特性を活かしてターゲット明確にしてアプローチしていくことで、ターゲットに的確に情報を伝達していけます。

年齢層ごとのアプローチ

SNSで採用広報活動を効率的に行っていくには、どの年齢層に対して情報を伝達していくのかを決定して、年齢層ごとにアプローチしていくのが有効です。

世代別に利用しているSNSや利用時間等に違いがあるので、ターゲットが利用しているSNSや利用時間を把握しておき、アプローチしたい年齢層に適合した情報発信を心掛ける必要があります。

SNSごとの利用ユーザーへアプローチ

採用広報ではSNSごとの利用ユーザーには、年齢・性別等様々な特徴があるので、それぞれの特徴を把握して利用ユーザーへアプローチしていくことが大切です。

TwitterやInstagramは10~20代の若年層、Facebookは30~40代の利用が多いと言えます。Instagramは女性、Twitterは男性に人気がある等、SNSごとの具体的な利用ユーザーの特徴を押さえていけば、的確にアプローチしていけます。

SNSは求職者と企業側との距離感を縮めやすい

SNSは求職者と企業側との距離感を縮めやすい

SNSはインターネットを通じて求職者と直接話が出来るので、企業のイメージを伝達出来て距離感を縮めやすいです。

求職者と話しが出来る機会はあまり無いので、日頃から直接的なコミュニケーションを行っていくことでエンゲージメントを高めていくことも出来ます。

エンゲージメントの高い求職者を採用すれば、ミスマッチを防ぎ採用にかかった経費を無駄にせずに済むのです。

表では見えにくい社内情報を発信しやすい

表では企業内の従業員数や経営成績等、数値化して定量的に理解しやすいように可視化していけます。

ですが、表は数字で把握出来る情報が多く、実際の社内の情報が見えづらい面もあるのです。

SNSで実際の社内情報を日々発信していけば、社内における雰囲気等を伝達出来ます。

画像や動画で求職者へ魅力を伝える

画像や動画で求職者へ魅力を伝える

SNSにおける情報発信は画像や動画を活用していけるので、求職者に対して企業内における魅力をより適切な発信が可能です。

文字だけでは伝えきらない企業の情報でも画像や動画を利用することで、他社との差別化を図っていくことも出来ます。

画像や文章で人目を引き、興味を持って求職者側から会社に関する情報を収集して貰える場合も多いので、動画によって楽しく会社の情報を伝えていくのが大切です。

動画は採用広報活動でも重要なアプローチ方法

動画は文字よりも企業ごとの強みを活かして作成していけるので、柔軟性のある動画はスムーズに会社の情報を表現することが可能と言えます。

採用広報活動で動画を利用していけば、社長のインタビューによってどのような経営理念や経営戦略としていこうとしているのか等、具体的な情報が伝達出来るのです。

業務風景も動画を作成すれば、文字で伝達するより社員間の関係性も見て取れるので、良好な関係性が求職者に伝わり安心感を持って貰えるでしょう。

画像と文章で社内情報を魅力的に伝える

画像と文章を組み合わせていけば、一目で社内情報を伝達出来ます。

インパクトのある画像と文章が目に留まれば、会社に興味を持って貰えるので、社内情報を魅力的に伝えていけるのです。

会社に興味を持って貰えれば求職者側から会社の情報を調べてくれることも考えられるので、適時適切に画像を利用して分かりやすくしていく必要があります。

SNSは便利で効果的な分、利用方法に注意も必要

SNSは便利で効果的な分、利用方法に注意も必要

SNSは会社の情報を伝えていくことが出来るので、積極的に利用していく必要がありますが、拡散性があるので炎上しないように注意していくのが大切です。

不適切な表現やコンプラアンスに反する行為を発信してしまえば、悪いイメージを払拭するのは容易では無いので、悪いイメージが付かないように日頃からの配慮が必要と言えます。

不適切な表現

SNSは不適切な表現を発信してしまえば、企業の悪いイメージとして瞬く間に広がっていきます。

注目を集める話題は適切に表現していけば話題に乗ることが出来ますが、拡散性も高いので表現方法に注意していく必要があるのです。

不適切な表現により求職者のみならずSNSの利用者に対して、不快な思いをさせてしまわないように配慮が大切と言えます。

コンプライアンスに反する行為

適切に決まり事を守り社会的に有用な活動を行っていけば、企業に対して良いイメージを持って貰うことが出来ます。

ですが、配慮に欠けた行為を発信してしまえば悪いイメージが付き、採用広報活動がマイナスの方向に向かってしまうことも考えられるのです。

コンプライアンスは法令に遵守することですが、法令に遵守していれば良いわけでは無く、従業員や社会問題に対する配慮が必要と言えます。

まとめ

今回は、求職者の心を掴むSNSでの採用広報活動について解説していきます。

採用広報は多様化している求職者のニーズに対して適切に応えていく必要があり、日々会社の情報を発信していけるので採用広報の活動にSNSは有用です。

SNSによって会社の情報を求職者に対して発信していくことで、エンゲージメントの高い求職者の応募が見込めるので、効率的な採用広報を行っていけます。

SNSごとに利用者が異なるので、年齢層等を把握して企業がターゲットとしている求職者に対して情報を伝達出来るように、SNSを選択していく必要があるのです。

企業は求職者と接触する機会が少ないのですが、日々のSNSによってコミュニケーションを行っていけば求職者と距離を縮められます。

表では伝えきらない会社の具体的な企業の情報に関しても、SNSなら日々の発信で伝達していくことが可能です。

SNSは画像や動画が利用出来るので、インパクトのある画像や文章で興味を持って貰い、動画により実際の会社の雰囲気等を伝えていけます。

求職者に対して会社の情報を伝えていけるので、SNSは積極的に利用していくのが大切ですが、利用方法に注意が必要です。

良いイメージを求職者に持って貰えるようにブランディングしていくには、不適切な表現やコンプライアンスを意識した発信が大切と言えます。

注目を集める話題は拡散性があるので発信に取り入れていくことも必要ですが、コンプライアンスに限らず不適切な表現を行わないように特に配慮をしていくことが重要です。

このように、SNSを適切に利用して求職者とコミュニケーションを取っていけば、採用広報の活動によって求職者の心を掴んでいけます。

今回ご紹介した内容が、求職者の心を掴むSNSでの採用広報活動に関する理解の一助となれば幸いです。

松尾優希

松尾優希

片田舎に住むマーケティングディレクターであり2児の父。スーパー戦隊シリーズとウルトラマンシリーズ、ウイイレ、無双シリーズが大好き。カフェインとカロリーが好物。

関連記事

TOP
TOP