採用広報とは?採用広報の効果と方法を解説

人手が不足して採用が難しくなってきている昨今において、闇雲に求人を出して待っているだけでは優秀な人材や価値観を理解した人材を確保することは難しくなっています。

優秀な人材を確保するには、積極的な採用広報活動により様々なツールの利用、求職者に対しての活動を実施していく必要があります。企業側から求職者に対してアプローチを行い、自社のイメージを的確に伝達していくことの重要性はますます高まっています。

採用マーケティングによって、求職者の多様化しているニーズに適合した社内情報を展開する必要があり、採用広報を行い、潜在的なニーズを引き出します。

社内情報が適切に展開されていない、または展開する社内情報の量が少ない場合、採用後のミスマッチに繋がりやすくなりますので展開できる社内情報はできるだけ多く発信するようにしましょう。

社内情報を多く展開することで在籍社員の雰囲気やコーポレートアイデンティティや企業の価値観を共有することができます。求職者はそれらの情報を判断材料とすることもでき、価値観を共感することができれば求人応募に至る可能性も高まります。

価値観を共有した上で入社することで離職の可能性を下げ、定着率をあげることで結果的に経費の無駄遣いを抑制することができます。

効率的な採用広報活動を行う為には、事前に自社が採用したい優秀な人材(ターゲット)を明確にし、それらターゲットとなる人材はどのような情報のニーズが高いのか傾向を調査し、それに合わせた社内情報を展開する必要があります。

当記事では”採用広報活動””採用広報活動の効果とその方法”を解説していきます。

採用広報活動とは

採用広報とは

採用広報活動とは、会社の業務内容やそれ以外の社内の情報を求職者に伝える活動を指します。

採用市場においては会社の情報を求職者に伝えていく必要があり、他の会社にはない自社特有の強み等があれば積極的に展開していくと有効です。

自社の強みだけでなく弱みを把握して課題として展開していけば、会社と共に問題解決していける人材を獲得する可能性も高まります。

また社内情報はメリット等の良い所だけでなく、課題等のデメリットも含めた会社の情報を展開していくことで求職者のキャリアビジョンをイメージしやすくなり、価値観の共感へも影響を与えることが期待できます。

求職者が売り手市場の今は採用広報が欠かせない

採用広報活動は優秀な人材、または自社にカルチャーフィットしやすい人材を獲得するため、求職者に対して様々なツールを駆使して会社の情報を適切に伝えていくことも一つの方法として有効です。

求職者は売り手市場になっている昨今において、優秀な人材を確保していくことが難しく採用市場は激化しています。その為、採用広報活動を積極的に行い始めている企業も増加傾向で今後さらに厳しくなってくることが予測されます。

人材を採用した後においても、採用広報で展開した社内情報以外に採用広報では展開できない情報を提供していなければ、入社後に想定していた業務内容と実際の業務内容との間に乖離により不満が生じて、離職してしまう可能性を高めます。

なぜ採用広報が必要とされているのか

なぜ採用広報が必要とされているのか

採用広報活動によって顕在層以外に潜在層の求職者に対して社内情報を展開することで、興味・関心を惹くことができます。採用広報活動の目的は人材獲得以外に会社に対して興味を持たせることも含まれます。

採用広報の担当者は人事?広報?

採用広報の担当者は人事?広報?

採用広報を担当するのは人事と広報どちらでも可能であり、どちらかが行わなければいけないわけではないので、協力していくのが重要です。

採用広報は全社的に関わってきますので、人事や広報のみだけではなくそれぞれの部署において必要な人材を明確にして、会社全体の協力により進めていくのが理想と言えます。

採用広報以外の社員や社長等と日頃からコミュニケーションを行うことで、円滑に採用広報の活動を行っていけるのです。採用広報の発信している情報と実際の事業内容との乖離等、誤情報によるミスマッチを防ぎ離職率を下げていくことが出来ます。

採用広報活動で有効なツールは

採用広報活動で有効なツールは

求人広告等により行われてきた採用活動ですが、効果的に行っていくには多様なツールを利用していきます。

求職者が就職活動や転職活動において情報収集を行っている方法に合わせていく必要があり、最近ではSNSを利用していくのが有効です。

会社のホームページにおける会社の基礎情報等、求職者が想定している情報を漏れなく掲載しておくのも忘れてはなりません。

それぞれのメディアの特性を利用して組み合わせていき、的確に会社の情報を求職者に伝えていくのです。

Twitter

Twitterは比較的若年層が多く匿名性が高いので人気があり、日本での月間アクティブ数は約4,500万人と影響力もあるので、採用広報を行うのには欠かせないSNSです。

情報が伝わるスピードが早いので拡散力に優れており、情報の共通点があれば知人ではなくても、情報が共有されます。

インパクトのある情報は拡散されやすいので、印象に残るように工夫していく必要があるのです。

Facebook

30~50代の利用者が多く、実名による個人情報を取り扱っており、実際の繋がりが重視されているSNSです。

拡散性はありませんが、友人等の実際の繋がりが多く、詳細な情報が共有されやすいことが想定出来ます。

Facebookは、地域・学歴等詳細にターゲットを絞れるので、情報を伝達したい相手に的確に発信可能なのが特徴です。

精度高く情報を発信していく事で、効率良く採用広報を行えて、無駄な経費を削減していけます。

Instagram

10~20代による女性の利用が多いですが、全体的に幅広い世代のユーザーがおり、拡散機能はありませんが写真や動画を利用して会社の雰囲気等、独自の情報を伝えることが出来ます。

画像や動画を前提に利用しているユーザーが多いので、写真や動画を見て貰える可能性が高く、1枚の写真に情報を詰め込む等の工夫次第で、効率的に会社の情報を知って貰えるのです。

InstagramにおけるStories広告はユーザーの関心がある広告が配信される仕組みですので、利用していけば興味を持って貰っている求職者に情報を伝えていける可能性が高いと言えます。

まとめ

今回は採用広報とは?採用広報の効果と方法を解説してきましたがいかがだったでしょうか。

採用広報は、会社の業務内容等を求職者に伝える役割があり、会社の弱みや強みを開示していくことで、会社の課題等も含めた情報が求職者に的確に伝わり、会社の理想としている優秀な人材を採用していけるのです。

昨今では売り手市場にあり、今までの求人誌等による採用活動だけでは優秀な人材を確保することが難しく、採用マーケティングによる科学的な採用活動が必要になってきています。

採用広報によると潜在的な求職者に対しても的確に会社の情報を提供していけると共に、採用した際のミスマッチを減らしていけるので、採用にかかった経費を無駄にせずに済むのです。

採用活動は今までの人事のみでなく広報との協力により行っていく必要があり、お互いのノウハウを活かして進めていけます。

優秀な人材の確保は全社的に関係してきますので、人事と広報のみでなく会社全体の意見を取り入れていくのが理想です。

優秀な人材を採用する為には、優秀な人材が見ている求人情報にアプローチしていく必要があり、昨今ではSNSを通じて情報を収集している求職者が多いので、SNSを採用活動に取り入れていくのが有効と言えます。

Twitter・Facebook・Instagramは、国内におけるSNSでも有名であり利用者数も多いので、それぞれの特徴を活かして採用活動に取り入れていくことで、求職者に対して的確に会社の情報を発信していく事が可能です。

このように、昨今の採用活動では採用広報により会社が積極的にアプローチしていく必要があるので、SNS運用により、仕事内容や社風について発信していくのが大切です。

会社の魅力を明確に発信していき、日頃からファンを増やしていく事で、経営理念や経営戦略に同感してくれている一緒に働いていける仲間を見付ける事が出来るでしょう。

今回ご紹介した内容が、採用広報とは?採用広報の効果と方法に関する理解の一助となれば幸いです。

関連記事

TOP
TOP